ままっちの日常の小さなシアワセを綴ったブログ


by mamatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

卒業

娘(ゆうちゃん)が小学校を卒業しました。

とても感動的な卒業式でした。
ひとりひとり呼ばれる卒業証書の授与。みんな精一杯大きな声で返事をしていました。
みんな6年間で大きく立派に成長したな~としみじみ。
6年生と5年生によるお別れのことばと合唱は特に感動!
娘が自分の台詞をいいながら涙声になるのがわかり、こちらも、涙ぐんでしまいました。


卒業式前日、担任の先生がクラスのみんなにメッセージをくれました。

卒業おめでとうございます。
まだ幼い顔をしている五年生最初の写真を見ながら、みなさんの成長に一ページに参加させてもらったことを本当に光栄に思いました。いつも前向きで一生懸命だったみなさんに、助けてもらってがかりいたような気がします。話したいことはいろいろあるけれど、最後に人生の先輩としていくつかみなさんに伝えたいことがあります。

一つめ、ゆっくり大人になろう。
 学生時代にしかできないこと、体験できないことがたくさんあります。背伸びして「大人のマネ」ばかりしていたらもったいない!ゆっくりゆっくり今を楽しんで成長していってください。

二つめ、たくさんの人を「好き」になろう。
 同性でも異性でも、同学年でも先輩・後輩でも、すごく年上の人でもいい。自分とはちがう素敵な生き方・考え方・感じ方に出会えたら、きっと自分を高めようと努力するはずです。もっともっと人を好きになろう!

三つめ、自分の思いは自分の言葉で伝えよう。
 今はメールの時代。でもだからこそ、肝心な本当の考えや相手に伝えたい思いは、面と向かって自分の言葉で伝えてほしいのです。私たちは表情や声の調子から、言葉以上のいろいろなものを感じることができます。だから言葉が足りなくても、一生懸命話せばきっと「伝わる」はずですよ。

これから先、直接みなさんを手助けすることはできないけれど、いつまでもいつまでも遠くから見守らせてくださいね。

(このあと個人へのメッセージが書いてありました。)
読んで感動しました。ゆうちゃんにこの思い届いたかな・・・。
担任の先生には本当によくご指導していただきました。
心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。


ゆうちゃんは六年間この小学校で過ごして、三クラス100人ほとんど顔見知り。
うらやましいような、残念なような・・・。
というのも、ままっちは小学校の頃、父が転勤族だったので転校ばかりしていました。
六年間で通った小学校は5校。卒業した小学校は6年の2学期から。母校が一番短いのです。
新しい環境に飛び込めるよう育ってきたので、変化のない環境の変わるのを嫌がるのがちょっと心配。
中学校では別の小学校からも入学してくるので、新しい環境でいろんな人と出会ってほしいなあと思います。
[PR]
by mamatch | 2011-03-21 01:45 | family